審美歯科で理想的な白くてきれいな歯

芸能人がアイドルが白くてきれいな歯でにっこり笑っているのを見ると、なんてきれいなんだろうと見とれてしまうことがあります。

大きな声で歌ったり笑ったりすると、奥歯も真っ白で虫歯の治療の後など全然見ることができません。
半面自分の歯を見ると、奥歯など上下共にほぼ銀歯だし、前歯も虫歯を治した後レジンを詰め、その色が変色しつつありとてもテレビの中のアイドルのように大きな口をあけて笑うのにひけを感じて笑えません。すると毎日鏡をみて自分の歯を見るとネガティブな気分になりがちで、気分も沈みがちになります。
歯の雰囲気1つで性格がブルーになり、就職試験などではなんとなく不利になるような気さえしてきます。



健康保険を使った治療では、芸能人のような白い歯を入れることができません。
もし、そういう歯を望めば審美歯科へ行って、自費で治療をしなければなりません。

自費であればセラミック、ハイブリッド、ジルコニアなど同じ白い歯を入れるにも、素材はいろいろあります。

白い歯といっても歯の環境によって強度はいるのか否かなど、他の歯とのバランスを取る必要があります。

単に白い歯ではなく他の歯と合わせて白い歯を入れることもできます。
うまい先生になるとどれが治療した歯なのか見分けがつきません。



どうせ高額な資金をだして審美歯科を受けるなら、先生の症例を見せてもらって治療したほうが安心できます。

All Aboutの相談ならココです。

審美歯科といっても先生の技術、考え方はいろいろあるし、できれば自分の理想の歯を入れくれる歯医者さんを選んだほうが安全です。