インプラントの手術の内容について

インプラントを失った歯の代わりにすれば、これまでのような自然の歯と同じように、かたいものでも食べることができるようになります。

また、骨に密着させることになるので、簡単に抜け落ちてしまうということもなく、いつものように歯ブラシをすることで、いつでも清潔に保つことができます。

しかし、インプラントを装着するためには、手術を行う必要があります。

中には、手術に抵抗があって、なかなかインプラントを装着することに対して抵抗がある人もいます。

そこで、インプラントの手術については、短時間でしかも痛みも少ないので、比較的安心してできる手術内容となっていますから、抵抗がある人でも、医師から十分に説明を受ければ、納得して手術を受けることができるでしょう。


手術にかかる時間としては、本数や治療法によっても変わってきますが、およそ10分程度から1時間程度で終わらすことができます。

教えてgooはとても人気があり、興味深いです。

長時間の手術には身体的な負荷がかかりますが、短時間の手術であれば、年配の人でも手術を行うことができます。痛みについては、インプラントの手術の場合、麻酔をして行われることになりますから、痛みはほとんどありません。麻酔については個人差がありますから、効き目が悪いということもありますが、そのような場合は、麻酔を追加して行うことになるので、痛みを我慢する必要はありません。



歯科医院によっては、専門の麻酔医がいるところもあるので、そのような歯科医院であれば、より安心でしょう。