歯医者さんが使うマイクロスコープとは

近年、マイクロスコープを歯の治療に用いる歯医者さんが増えてきています。歯医者さんが使うマイクロスコープとは、歯を拡大してみることができる実体顕微鏡のことで、マイクロスコープを使うことによってこれまで肉眼で見ることができなかった歯の細かいおうとつや、隠れた神経の菅、詰めものやかぶせ物などの適合具合などといった様々なものが見えるようになり、これまでの治療よりも精密で高度な治療が行えるようになります。



これまでの治療は肉眼で行われてきたために確認できなかった細かな部分が、20倍ほど拡大してみることができるため、詰め物の段差であったり、詰め物の研磨面、歯のひびなども見ることができます。



またこれまではレントゲン写真や測定器を使ったり、歯医者さんの手指の感覚などで判断されてきた歯の神経の治療なども、マイクロスコープを使うことで歯の根の先端の病巣部分まで確実にみることができるので、確実に根菅治療を行うことができるのです。

歯医者さんが治療している実際の画像と同じものを、患者さんもモニターでみる事ができるのでどのような治療が行われているかを患者さん自身も確認することができます。ほんの小さな炎症や歯の傷なども、見つけることができるため痛みなどが起こる前に早めの治療に取り掛かると言ったこともできるのもメリットの1つです。
ただし、これまでよりも丁寧な治療になるため口を開けている時間が長くなってしまうこともあります。